萌建築設計工房
 作品紹介0016-2
  「自分の山の木で創る丸太表しの家」   1Pege;伐採 2Pege;現場
  先祖代々受け継がれてきた森の木を使い、家を建てる。
  山の木を使うことが間伐となり、健全な森をつくる。
  
 ■ 計画模型 敷地のなりに合わせ、模型を使い平面と率面を検討しました。
計画案



■ 山の木を切る。
◆山の調査<2003,08,04,>
 森林塾の島崎先生と施主と山に入りました。
 とにかく、山をみてどの木をどこに使うのか、イメージを膨らませます。 森についてたくさん教えていただきました。
◆木拾いを元に実際に切る木を決める<2003,10,11,>
 木拾いを元に、具体的に梁はどの木にするか等を、決めていきます。一番素直できれいな木を、部屋の中心に据える丸太の化粧柱と化粧梁としました。。
◆いよいよ伐採です。<2003,12,08,>
◆野積みの状態を見に行きました。<2004,04,12,>
◆丸太の皮むき<2004,07,12,>
◆丸太を見に行きました。<2004,07,26>

1;伐採 → 2;現場   
 萌 建築設計工房  長野県須坂市須坂 Tel,Fax 026-232-8036mail E-mail info@moe-a.com